酵素が不足していると、だるくてやる気の起きない状態が続きます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

加熱された食品ばかりを食べていると、カラダが鉛のように重くなります。

例えば、お肉ばかり食べていると、胃もたれすることが多くなります。

これはお肉を食べることによって酵素が不足して、消化器官に大きな負荷がかかっているからです。

焼肉や天ぷらなどは体内の消化酵素を奪ってしまうので、そういった食事ばかり続けていると集中力も切れて、カラダがだるくなって何もやる気が起きなくなってしまいます。

ファーストフードなどを常習的に食べている人は、慢性的な酵素不足になっているので、老廃物を体内に溜め込むことになり、体重増加浮腫みなどに悩まされるようになります。

また、ちょっと動くだけで疲れたり、猛烈な眠気に襲われたりするのも全て酵素が体内に不足しているためです。

酵素を多く含む食品を摂取すればカラダの状態は大きく変わる

カラダの倦怠感や、眠たい状態がずっと続くと、憂鬱になりますし、充実した生活を過ごしにくくなります。

どれだけ睡眠をとってもカラダが回復せずに眠たい状態が続くのは本当に辛いものです。

そんなどうしようもない状態から自分を救出させるには酵素を取り入れた食生活を実践することです。

今まで加熱されていた動物性の加工食品などを、すべて生の野菜や果物などに徹底的に置き換えるのです。

そうするだけで、今まで感じていた倦怠感やカラダの不快な症状が一気に軽減されていくのを感じることができます。

この感覚は実際に実践した人でしか味わうことができません。

例えば、チョコレートなどの甘い食べ物が好きな人は、慢性的な酵素不足によって胃痛や頭痛、お腹の冷え、末端冷え性、足のむくみなどに悩まされています。

もし今後もそういった油脂を多く含む甘い菓子類を常習的に摂取していけば、カラダは酸化してグングン免疫力を下げていくことになるでしょう。

ですが、偏った食生活を改めて、甘いお菓子を生の果物に置き換えれば状況は一気に変わります。

今までのように感情的になってイライラすることがなくなりますし、精製された砂糖が体内から抜けきることで、血が浄化されてお肌がキレイになっていきます。

現代人は砂糖に支配されていると言ってもいいくらいに白砂糖に侵食されているので、覚悟を決めて決断しない限りは甘いスイーツの誘惑から逃げることができないでしょう。

一時的な幸せを選んで、長期的に不健康な状態を選ぶのか、精製された甘い食べ物を断舎離して健康を手に入れるのかは、本人の自由です。

ですが、病気になって後々後悔するくらいなら、今のうちに食生活を変えていくのが望ましいことだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*