酵素が不足するとリバウンドしてしまう原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

酵素の種類は全部で3種類

酵素の種類は全部で3種類あるのはご存知ですか?

大きく分けると、元から体内に存在している潜在酵素(代謝酵素・消化酵素)と、食物から摂取する酵素(食物酵素)です。

代謝酵素の役割

代謝酵素は、その名前の通り、代謝を促進する酵素のことです。

人類のすべての生命活動に必要な酵素が代謝酵素になります。

病気を治したり、体温を上げたり、細胞を分裂させたりするのも代謝酵素の役割です。

消化酵素の役割

消化酵素は、食べ物を消化するときに消化器官で利用される酵素のことです。

消化酵素が少なくなると消化器官に負担がかかり、胃痛や胃もたれ、便秘、下痢などの症状が出やすくなります。

お腹の調子がふだんからあまり良くない人は消化酵素が不足していると言えます。

食物酵素の役割

食べ物から酵素を摂取することで食物酵素を体内に供給することができます。

食物酵素は、消化酵素の力を高めてくれるので、胃への負担を少なくさせる働きがあります。

生の野菜や果物にはたくさんの酵素が含まれています。

日本人がよく食べる味噌や漬物などにも酵素が多くはいっています。

酵素を多く含んだ食生活を実践することで、体内の消化酵素を無駄に消費せずに済みます。

リバウンドをする人の特徴

ダイエットでリバウンドする人は、間違いなく食事のとり方に問題がある人です。

一時的に食事制限をして我慢をしますが、ダイエットが終わると同時に普通の食生活に切り替えるだけなので、すぐに体重が元に戻ってしまいます。

場合によっては、ダイエットする前よりも体重が増えてしまうケースもあります。

下記はリバウンドする人の特徴です。

・ステーキや焼肉や揚げ物などの加熱された食品を常習的に食べている

・運動習慣がなく、家のなかで過ごすことが多い

・野菜や果物などの酵素を多く含んだ食事をしていない

・甘いお菓子やスイーツ類が大好きである

リバウンドする人は、体内の酵素である潜在酵素が不足しています。

ステーキや揚げ物などを常習的に食べていると体内の消化酵素が奪われるからです。

消化酵素が足りなくなってくると、生命活動に必要な代謝酵素が消化のために使われてしまい、新陳代謝が低下します。

肥満傾向にある人は、足が浮腫んでいて、いつも生あくびをして眠たそうにしていますが、あれは間違いなく酵素が不足しているサインです。

逆にダイエットに成功してリバウンドしない人は、潜在酵素が充分に足りている状況なので生き生きとしています。

リバウンドしない人は、加熱されたステーキや焼肉などを食べる頻度が少なく、精製された菓子類も控えています。

そして酵素をたっぷり含んだ旬の野菜や果物を積極的に摂取して、消化酵素の働きを高めています。

消化酵素の量が充分に足りていれば代謝酵素が使われることはないので、カラダもしっかりと動いてくれます。

カラダがしっかり動いてくれると活動量が多くなって、代謝も上がっていくので、更に太りにくい状況が手に入るのです。

リバウンドしたくないなら、食生活に気を使おう

リバウンドしないためには、まずは食習慣を変えることです。

甘いお菓子やケーキ類を食べている人は、それを果物に置き換えるだけで酵素を体内に貯蓄することができます。

ステーキや天ぷらなどが好きな人は消化酵素が奪われていることを自覚しましょう。

とくに就寝前の肉中心の食事は消化酵素を一気に奪い取って、消化器官に負荷をかけるので絶対に避けましょう。

夜寝る前の過食ほどカラダを老化させるものはありません。

食事から酵素を効率よく摂取するためにサプリメントを活用する方法も大いに望ましいことですが、食習慣を変えないままサプリメントだけに頼るのは間違いです。

リバウンドと永久決別するための心得

リバウンドしないカラダを手に入れるには、食事を摂取する時間帯が重要です。

とくに夜の8時~早朝5時までのあいだは消化器官を休ませるために、食事をとらないことが大切です。

空腹に近い状態で夜の10時~深夜の2時まで熟睡できれば、成長ホルモンが分泌されて健康で丈夫なカラダが作られていきます。

お腹が空いていないのに食べる食事は悪

お腹が空いてもいないのに、時間が来たからといって食べる食事は消化酵素を奪う大きな原因です。

基本的に体内の酵素が充分に足りていて、お腹が空いているときに適量の食事をすれば、リバウンドすることはありません。

むしろ、太りにくいカラダになるので、体脂肪も下がってスリムなカラダになっていきます。

食事をとる理想的な時間は朝の5時~夜の8時までの間です。

もしステーキや焼肉、天ぷらなどの酵素を消費する食事をする場合は、なるだけ腹八分目までに抑えて、消化しやすいお昼の時間帯に召し上がりになることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*